宗教を格闘ゲームと組み合わせて、仏教やキリスト教の謎を考察し、想像してみた

まず最初に謝らなければならない。四年ほど前に仏教からキリスト教が作られたのではないか?と思われる。中国の書物の情報がネット検索で簡単に見つかったのだが、ちょっと調べたかんじではGoogle検索では見つけられなかった。(キリスト教の神父ばかり出てくるのですぐ諦めた)Googleが馬鹿になったのか。おそらく金銭の儲かるほうを最初の方に選んでいくので、馬鹿になったのだろう。特に宗教に絡んでれば馬鹿になるのも仕方が無い事なのかな・・・

おそらく、辻野晃一郎という人物がGoogle日本を駄目にしたキーマンであろう。ソニーを駄目にした出井伸之と同じ会社を壊すタイプの人間だ。

それでは本題へ  まず仏教を格闘ゲームの何に例えるかといえばカプコンのストリートファイターⅡ(以下略SFⅡ)だろう。仏教(SFⅡ)という宗教が生まれる以前にも、さまざまな宗教が乱立していた。イー・アル・カンフー、アーバンチャンピオン、など、しかし仏教(SFⅡ)が現れてから小さな宗教の宗教徒達は、ほとんど仏教(SFⅡ)に改宗した。
勢力を広げた仏教(SFⅡ)は東側をほぼ手中に治めた。そして西側へ布教に赴いた。

そして、西側の仏教(SFⅡ)の布教も順調だったが、ここで驚くべき事が起きる。西側諸国では仏教(SFⅡ)を模倣した宗教が乱立していたのだ。ファイターズヒストリー、餓狼伝説、その他多数。しかし、仏教(SFⅡ)は強かった。なにより子供から大人そして老人まで楽しめるバランスの良さが仏教(SFⅡ)を常勝無敗にしていた。

しかし、ヨーロッパやエジプトが目前に迫った所で仏教(SFⅡ)の弟子が突然ユダヤ教(バーチャファイター以下略VF)を復活させた。なぜこの弟子はこのような事が出来たのかというと、この仏教(SFⅡ)の弟子は遠い昔この地の住民だったらしい。戦争によってこの地を追い出されたのだ。ユダヤ教(VF)は西欧諸国に伝わりやすい布教で、この地を再び支配した。しかしユダヤ教(VF)の弟子からまた新しい宗教、キリスト教(鉄拳以下略TK)やイスラム教(デッド・オア・アライブ)などが生まれた。
そしてキリスト教(TK)がローマ帝国と手を組み殺戮や証拠隠滅を行い。歴史を捏造した。

この空想話で面白いのは、裏切ったのはキリスト教徒という所です。歴史は勝者によって都合のいい様に捻じ曲げられてきました。この空想話もしかしたら当たってる所もあるかもしれません。






ほっとする仏教の言葉—捨てて生きる
二玄社
ひろ さちや

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ほっとする仏教の言葉—捨てて生きる の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

寂聴仏教塾
集英社インターナショナル
瀬戸内 寂聴

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 寂聴仏教塾 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

仏法—テーラワーダ仏教の叡智
サンガ
ポー・オー・パユットー

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 仏法—テーラワーダ仏教の叡智 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック