セガとアトラスにとって、とても良いニュースとこれから気を付けなければならない事

セガのロープレを最近はまったく買っていない。シャイニングハーツぐらいだなぁ・・・セガには悪いが、イメージエポックが関わっているセガブランドのゲームは買う気にはならない。イメージエポックの名前でゲームを販売すればいいのにセガブランドで出すからイライラするし、セガはロープレをプロジェクト(製作委員会的な)として作っていった方がいいのではないか。その方が安定するだろう。

それならばイメージエポックが関わっていても、さほど気にならない。ようするに一つの下請けのゲーム製作会社が目立ってしまうと、そのゲームの程度が知れてしまう。たとえ面白いゲームだったとしても、ゲーム製作会社の評価が上がるだけでセガの評価は上がらないしゲームソフトの評価も最近は工作員を使って操作できるので、あまり信用できない。
もしも下請けのゲーム製作会社が工作員と組んでいたらどうなる・・・「評価は高いけど、ゲームは売れなかった。悪いのはセガであって、俺たち下請けのゲーム会社は被害者だ」などと、ある巨大な掲示板を使って思わせる事も可能なんじゃないかな。

ペルソナ3Fes OPデモ
さて本題に入ろう、セガがアトラスのゲームの販売・流通を担当するという、ひさしぶりにとても良いニュースだ。これまで一部のセガファンやアトラスファンが望んでいた事だったが、セガが願いを叶えてくれた。(本当にセガがひさしぶりに願いを叶えてくれた気がする。Beep・Beメガの頃はいっぱい願いを叶えてくれてたなぁ)これで、インデックスがあぶなくなっても、ソフトは安定するかな。アトラスはセガにとって、ロープレのソフト会社としては最高のパートナーだろう。他のゲーム会社で例えるなら、任天堂とエニックス、ソニーとスクウェアのような感じかな。自分の願いはそうなってほしい。
さて気を付けなければならない事だが、ネット工作員の事だ、これが問題なのだが、基本的に全てのゲーム会社は被害者だと思う。セガやアトラスのゲームに対し、他メーカーのファンのふりをして誹謗中傷してきたり。東方ファンのふりをして誹謗中傷してくる可能性がある。ネット工作員を指示しているのは、大手広告代理店、電通、博報堂、ライブドア、ソニー、サイバーエージェント、アジャイルメディア・ネットワーク、ベクトル などであり、そうした誹謗中傷を自分達と遠ざけるため他のコンテンツのファンを偽装して工作してくる可能性がある。分断工作に惑わされないでほしい。





東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚 公式ファンブック
光栄

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚 公式ファンブック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

真・女神転生トレーディングカード カードサマナー公式ガイドブック
エンターブレイン

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 真・女神転生トレーディングカード カードサマナー公式ガイドブック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




真・女神転生デビルチルドレン白の書 公式ガイドブック
アトラス
ファミ通書籍編集部

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 真・女神転生デビルチルドレン白の書 公式ガイドブック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚 公式ファンブック
光栄

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚 公式ファンブック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

真・女神転生デビルチルドレン 黒の書・赤の書 プレイステーション版 公式ガイドブック
エンターブレイン
ファミ通書籍編集部

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 真・女神転生デビルチルドレン 黒の書・赤の書 プレイステーション版 公式ガイドブック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック