創価学会信者の家庭の家庭内暴力について 考えてみた

親が創価学会に入会していると、子供たちも自動的に入会する事になってしまう為、子供たちの親への不信感は子供が成長するにつれ大きくなって、やがて暴力に・・・ 単純な話として、子供たちは知っているのだ。創価学会が朝鮮宗教でありカルト宗教であることを・・・


ちょっと泣けるCM

親として、創価学会がカルト宗教であることは、もう知っているけど子供たちの前では知らないふりをしているのだとすれば、暴力の原因は親の態度があいまいだからだろう。
ここで重要なのが、創価学会がカルト宗教であり朝鮮宗教であること、池田大作が在日朝鮮人であった事を、知らなかった事を恥だと思っているなら、それは大きな間違いだ。
5年くらい前まで、ほとんどの日本人が知らなかったからだ。子供たちに自分も騙されていたということを、話し合うべきだ。それによって家族が一つになれれば、そのほうが良いのではなかろうか。
つまらない意地はすてるべきだ。



創価学会財務部の内幕 (小学館文庫)
小学館
「学会マネー」研究会

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 創価学会財務部の内幕 (小学館文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック