中華製の機械に日本の企業の名前が付くの製品は・・・中国の終わりのはじまり!!!

海外で日本の企業が発売した、あるゲーム機の故障率が高い事が問題になっている。

そのゲーム機は、中国で作られた物だ

少し前までは、日本で作るよりも安上がりで、品質もあまり変わらなかった


ところが最近になって中華製は急激に劣化してきたのだ

なぜだろう?・・・その劣化した原因を考えてみた


原因の一つに、反日政策が考えられる!

「日本の評判を悪くしてやるアルよぉぅぅ」

そして自分のクビを締める。中国で作られた物だからだ!

もう一つの原因は日本の技術が盗みにくくなった事が考えられる。

インターネットが成熟してきた事で盗みにくくなった。

後に残るのは劣化した製品、そして日本への劣等感というワケさ!!!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック